【初回】ラブリーサマーちゃん「LIKE SONG」5月13日放送後記

月曜日、ラブリーサマーちゃんがお届けする「LIKE SONG」。初回なので緊張しているようです。最近ライブでは、楽器隊のみなさんがMCであまり話をしてくれないらしく、エルモのぬいぐるみを持ち込んでエルモと会話したりしているそうですが、ラブリーサマーちゃんは、エルモ連れてくればよかったなあ、とか言っています。



◯ラブリーサマーちゃんのセルフライナーノーツ

毎週1曲、ラブリーサマーちゃんの曲をセレクトし掘り下げていくコーナー。


今週選ばれたのは

ラブリーサマーちゃん『僕らなら』

この曲はメジャーデビューアルバム『LSC』に収録されている一曲。当時メジャーデビューに対してはあまり興味はなく、細々とやっていけたらいいかなと思っていたラブリーサマーちゃんですが、メジャーデビューの話を持ちかけてくれたディレクターが、この人とだったらやってもいいかなと思えるような人で、そう思えたそのときの感情を汲み取って、歌とした一曲。ラブリーサマーちゃん、いい曲だな〜と自分でも言っています。



◯LIKE SONG

「LIKE SONG」のパーソナリティが、影響を受けた音楽や、記憶に残っている音楽、好きなアーティストなどをリスナーのみなさんと共有していくコーナー。

月曜担当ラブリーサマーちゃん選曲1

FLIPPER'S GUITAR『カメラ!カメラ!カメラ!』

オリーブ少女になった気分で、キャットストリートを歩く。渋谷系に憧れを持っていたラブリーサマーちゃんの選曲する渋谷系の楽曲。BackStageCafeのある原宿までは渋谷からキャットストリートを歩いてくるんだそうですよ。


月曜担当ラブリーサマーちゃん選曲2

Teenage Fanclub『Radio』

来週はイギリスにいるので収録放送となってしまうのですが、イギリスに行くことにちなんで、イギリスはグラスゴーのバンドの曲をチョイス。この曲は疾走感があって、嫌なことがあった時には、キメのところで電信柱を蹴ってスッキリしているんだそうですよ。みんなもやってみてください。(?)



__

ということで、あっという間に1時間が経ってしまいました。


初回とは思えないほど自分のペースでゆったりと番組を進めてくれたラブリーサマーちゃん(台本で用意していた曲が2曲削られた)。エンディングトークでは、BGMが日常系だねラジオドラマとかいいよねと言って、即興で寸劇をはじめたりしていました(ちなみにオチまで辿り着かず番組終了)。

そんなラブリーサマーちゃんの選曲とトークは、BackStageCafeにて、毎週月曜8時から放送です。


次回もお楽しみに〜

BSCラジオ BLOG

国内初の本格的音楽専門インターネットラジオ局「Backstage Caféの番組ブログです。